リサイクル法とは

自動車リサイクル法とは平成14年7月に成立した法律です。廃車にする車から出るものを正しく処理して、出来る限り資源として再利用し、廃車時のゴミを減らして環境問題への対応を図る為に出来た法律なのです。車の所有者、関連事業者、自動車メーカーが協力しあってそれぞれの役割を果たす事になります。この自動車リサイクル法は平成17年1月1日より施行されました。
自動車は廃車後、解体業者によって廃車1台あたり約8割が資源としてリサイクルされています。金属やガラス、ゴムなどが資源となります。残り2割は解体、破砕後に出るゴミ、シュレッダーダストとなり埋め立て処分がされているのですが、埋め立て処分場の残りスペースの問題もあり、環境問題を考えると早急な対処と意識の改革が必要となり法律の制定となったのです。処分費用を惜しんで、不法投棄や不適正処理が増えると環境はどんどん汚染されていきます。エアコンから出るフロンガスは適正な処理がされないと、オゾン層を破壊していまします。エアバッグの処理は専門的な技術が必要となります。このような適正な処理とリサイクルを行うためには、それなりの費用が掛かるのです。
よってその費用を車の所有者が負担する事になったのです。それは環境破壊を防ぐために車を持つ人が出来る大切な役割と言えるでしょう。
リサイクル料金の支払い方法ですが、車一台に付き一回の支払いとなります。新車を購入する時はディーラーに支払います。車を所有していて、まだリサイクル料金を支払っていない場合は車検時に支払います。中古車買取で何回も所有者が変わったとしても、リサイクル料金は廃車をする時の最終所有者が支払う形になります。中古車買取において、いつ誰が廃車をする最終所有者になるのかは分からないので、車を買取した時点でリサイクル料金を支払います。そしてそのリサイクル料金は前所有者が受け取る形になります。
リサイクル料金を支払うと、リサイクル券が発行されます。この券は廃車時に必要となるので大切に保管しておかなければなりません。廃車だけではなく、この証明がないと車の登録や車検が受けられなくなったり、下取り中古車買取などに支障が出たり、不都合があるので紛失のない様に気を付けて下さい。
リサイクル料金は自動車の車種によって金額が異なります。それは各自動車メーカーがその車にかかるリサイクル料金をそれぞれ算出しているからです。また装備品、エアコンやエアバッグの数によってもリサイクル料金に違いがあります。

徴収されたリサイクル料金は(財)自動車リサイクル促進センター(経済産業省・環境省指定法人)が管理をして適切に運営を行っています。

Valuable information

バリ島から直輸入の家具や雑貨を中心にKANMURYOUがセレクトするライフスタイルショップ

大阪 家具屋

ギフト ・ 記念品 ・ 販促品 のことなら、小ロット から販売するギフトグッズ専門オンライン通販ショップ

ノベルティ 名入れ

大人のライフスタイルにまつわるファッションを広く揃える、新しいコンセプトのセレクトショップです。

フィナモレ シャツ

Last update:2016/9/13